FPの無料相談で保険料を下げる

FPの保険料節約 保険料の節約

FP(ファイナンシャルプランナー)の保険の無料相談は、素人ではわからない保険減額のテクニックと、相談者の生活と将来を勘案したプラン建てが凄いんです。
月額保険料がそんなに減額できていなくても、将来的には数百万円も保険料を節約できるかもしれません。

公務員とサラリーマンは減額しやすい

公務員なら、公務員共済が補填する金額、公務員の病欠待遇などで補填される金額を調べておくと、医療保険やがん保険などは減額しやすいそうです。
サラリーマンの場合、会社や所属する保険組合によって給付される金額が全く違いますが、多くの場合は公務員の場合と同様に減額しやすくなります。

死亡保険などの場合、大手保険会社の安定感を買いたい場合以外は、積極的に外資系商品や損保の子会社生保の商品を活用することで、保険料の減額が叶えられます。

また、保険の組み方が上手くて保険料減額の隙間も無いようなお客さんもいらっしゃるそうで、その場合は減額したら逆に保障的に損することを伝えるだけにとどめることもあるそうです。

例・よくある保険

例えば、ある独身男性が30歳のときに大手生保会社で加入した保険が
・終身保険:死亡保険金500万円→月額保険料約9,000円(60歳まで支払)
・定期保険:死亡保険金3,000万円(保険期間30年)→月額保険料約8,000円(45歳から16,000円に値上げ)
・終身医療保険:入院日額10,000円→月額保険料約10,000円(終身払い)
月額保険料の合計:約27,000円
ざっくりこのような内容だったとします。

えっ!2割も安く出来るの?

この男性が33歳で結婚を機に保険の無料相談をしたとき、FP(ファイナンシャルプランナー)に提示された最初の見直しプランが
・大手生保の終身保険:死亡保険金500万円→月額保険料約9,000円(60歳まで支払)
(この終身保険はこのまま続けた方が有利と判断して、見直ししない。)
・定期保険:死亡保険金3,000万円→格安生保に変更して月額保険料約5,800円(30年間値上げ無し)
・終身医療保険:入院日額10,000円→格安生保に変更して月額保険料約6,200円(保険料60歳まで払い)
月額保険料の合計:約20,000円

見直し前の保険料が約27,000なので、約26%も保険料を減額できました!

ですが、保険料が4分の1も安くなったからよかったねぇ。では終わりません。

生涯の支払保険料総額は4割減!

月額保険料が安くなったのは良いのですが、一生涯で支払う保険料の総額も計算しましょう。これ、結構忘れがちです。
現代は人生100歳時代と言われますが、現実的に考えて90歳まで生きていたとして、この男性が生涯で支払う保険料総額を簡単に計算してみましょう。
●男性が独身時代に加入した保険を、そのまま90歳まで支払った場合
・終身保険:月額保険料約9,000円x12ヶ月x30年=約648万円
・定期保険:最初の15年→月額保険料約8,000円x12ヶ月x15年=約144万円
・定期保険:次の15年→月額保険料約16,000円x12ヶ月x15年=約288万円
・終身医療保険:月額保険料約10,000円x12ヶ月x(90歳-30歳で)60年=720万円

合計で、生涯支払保険料は約1,800万円です。

●次に、FPが提案したプランで90歳まで支払った場合
・終身保険:上記と同じで約648万円
・定期保険:月額保険料約5,800円x12ヶ月x30年=約209万円
・終身医療保険:月額保険料約6,200円x12ヶ月x(60歳-33歳で)27年=約201万円

合計で、生涯支払保険料は約1,058万円です。
見直し前の保険料総額が約1,800万円なので、約41%も保険料「総額」を減額できました!

数百万円のムダ払いを節約するには

一生涯の保険料が約750万円も安くなるなんて驚きですが、見方を変えれば、生涯で何百万円もムダな保険料を払っているかもしれないということです。
例え月々3,000円程度のの節約だったとしても、生涯で支払う保険料は100万円単位で節約できるかもしれません。
だとしたら見直しプランで節約できたお金は、将来のお子さんの学費や自身の老後費用などの「将来の生活」も考えたことになると思いませんか?

ですがこれは一例ですので、全ての人や家庭で凄く安くなって節約できるとは限りませんし、逆に、この例以上の減額が出来る人や家庭もあるでしょう。
こればかりは実際に保険の見直しをしないと解りません。

どうしても今の保険が気になる方は、一度ファイナンシャルプランナー(FP)に無料で相談してみましょう。
いろいろな保険相談がありますが、保険コネクトなら実績のあるFPを派遣してくれるのでオススメです。

個人事業主は保険の減額より納得の増額かも

自営業の保険相談編は、管理人自身の相談体験談になります。

まずFPさんは、私の職業の状況やガン家系であることを聞きつつ、私の保険証券を見ながら紙に棒グラフを書き、今の保障状況を説明してくれました。
これが凄くわかりやすく、自分の保険がよく理解できました。

保険料を下げると保険料が増額する?

保障内容の次は、保険料減額や問題点の指摘になります。
FPさん曰く
●保険料を下げるだけなら、定期保険を外資の○○社の禁煙割引付き定期保険にすれば、今の年齢で新規加入したとしても保険料は若干下がると思います。

●終身払いにすれば月額保険料は安くなりますが、死ぬまで保険料を払い続けることは、少額の年金から保険料を払い続けていくことなので、おすすめ出来ません。
また言葉は悪いですが、「保険料の死ぬまで払い」は超長期ローンとさほど変わらないので、現在加入中の保険よりも保険料総額が三桁万円ほど大きくなります。

なんか、言うことが説得力ありすぎます。

保険が本当に役立つ見直しを提案

さらに
管理人さんの保障内容は良く組まれているので、今焦って○○社の定期保険に変える必要は無いでしょう。
定期保険の見直しは、更新と保険料の値上げが来る五年後で良いと思います。そのとき、例えば60歳まで保険料が上がらないプランにすべきです。

ただ、お勤めの方なら有給や福利厚生の後押しがあるので文句の付けようが無い保障内容ですが、管理人さんの職業は日給月給的な部分もあるので、一週間ほどの入院でも家計費と仕事の資金の打撃が大きいと思います。」

管理人、今まで健康だったこともあって自分が入院したときの「医療費」ではなく「家計費と仕事の資金」の枯渇を考えていませんでした。
FPさん、鋭すぎます。

まさかの、保険料値上げ提案

「保険料の減額の相談なのに保険料増額の提案になりますが、管理人さんの保険は今のままで良いので、安い医療保険を上乗せするか、もしくはがん保険を追加した方が良いと思います。
サラリーマンでしたら純粋に医療費だけを保険給付金で補填すれば良いのですが、自営業の場合は医療費+生活費の両方を補填する必要があるのです。」
こんな感じで「毎月の保険料を上げる提案」をしてきたのです。

一瞬、銭ゲバFPか?と思いました

「このFP、自分の成績を上げたくて煽ってきやがった!銭ゲバか?」と思いましたが、そんなの一瞬だけでした。

●サラリーマンや公務員の場合は福利厚生や退職金・死亡退職金などが充実しているので、(保険会社の)死亡保険金がもらいすぎのムダになることが多い。
●自営業はその逆で、自分では満足な保障だと思っていても実際は薄い保障になっていることが多い。

確かに管理人の仕事は、その日のノルマをこなさないとろくな稼ぎにならなかったのです。
管理人、しばらく考え込んでしまいました。

退院しても自宅療養が長いとアウトです

「管理人さんの医療保険はお勤めの方には手厚い保障が出ると言えるのですが、生活費の補填も考えると給付金が若干薄いかもしれません。
特に心配されている、ガン家系(管理人の母は肺がんで57歳の時に他界、伯父も肺ンで他界) を懸念するなら、安いガン治療を上乗せして生活費対策をする感じですね。」

「例えば軽い大腸ガンは内視鏡手術でガン化したポリープを切除しますが、遅くとも手術の10日後には退院して、それから一週間から二週間、運動禁止の自宅療養になります。

管理人さんの場合、運動禁止と言われると全く働けないこともあるんじゃないですかね。それだと歩合が出ないから生活が苦しくなることでしょう。
退院したら働けなくて稼ぎが無い、保険給付金が出ない期間が二週間です。その半月分の稼ぎは自腹です。

保険金の使い方の提案に驚く

あと、ガンの治療で三週間働けないとして、ちょっと高めの給付金を仕事の運転資金と家計、「両方」に回せますから。
実は保険金や給付金というのは使用目的が自由なんです。
給付金で臨時的に短期バイトを雇うこともできますし、管理人さんの代わりに知り合いに穴を埋めて頂く謝礼にもできます。」

このように書くとFPさんにゴリ押しされているように感じるかもしれませんが、まったくそのようなことは無く、むしろ、私が気がつかなかったリスクとその解決方法を同時に提案していることに驚きました。
保険金・給付金でバイトを雇ったり仕事仲間に代行してもらうという考えありませんでした。FPさんの知恵に本当に驚きました。

その提案、乗った!

管理人、考えましたが結局この提案に乗りました。追加で新規に医療保険に加入しました。
既存の医療保険があるので、入院給付金・手術給付金・先進医療に特化して保険料が上がりすぎない工夫をし、入院・手術・生活費・運転資金について安心が買えたので良しとしました。

もしかしたら皆さんは「コイツ、FPの口車に乗せられた」と思ったかもしれませんよね。
ですが・・・

管理人、本当にがんになりました

医療保険に新規加入後二年少々したとき、中規模のA病院で生まれて初めて受けた人間ドッグで、怪しい大腸ポリープを指摘されたのです。
別のB大病院で検査したところ、初期のS状結腸がんと診断され、「内科で」内視鏡手術をして入院しました。

人間ドッグの悪徳A病院と、「あ、これガンだよ?」といきなりガン宣告をする凄腕医師のB病院の話は、別ページガン発見→ 手術→ 退院までグダグダ100日間。私、ガンになりました!に書きました。

給付金合計三桁万円!ですが

ガン診断給付金、ガン手術給付金、入院給付金って本当に出るんですね。(合計3桁万円)
FPさんのアドバイスは凄かった!この給付金のおかげで生活費も運転資金も助かりました。あのとき増額プランに乗っていなかったらかなりマズかったと思います。

ですが、、内視鏡手術で取った悪性ガン化したポープの検査で、1.2ミリの「浸潤」が認められました。
浸潤というのは、がん組織が「刺さっている」とか「食い込んでいる」状態です。

また2ヶ月後に給付金2桁万円!

内視鏡手術から2ヶ月少々後、「外科で」腹腔鏡術によるS状結腸切除術を受けて10日間の入院をしました。
今度ははガン手術給付金と入金給付金で二桁の少し後半気味万円の給付です。
この話は
ガンの外科手術入院10日間の話。入院日決定→手術日の詳細→退院までに書きました。
内視鏡術のときに受取った給付金のおかげで、長期の休業も何の不安も無く過ごせましたが、外科手術は麻酔から覚めてから激痛との戦いでしたよ。

あのときの保険の見直し増額は、管理人の場合という条件付きになりますが、FPさんに保険の相談をして結果的に助かったのを超えて、救われた気がしました。

FPは濃い蓄積があります

FPさんは、いろいろな人の生活を見ているので、下げすぎた保険料をの危険を指摘できる見識がありました。
相談者の生活状況をイメージする力が、保険ショップの相談員とは段違いだと思います。
多分ですが、FPの場合は相談者の自宅など他人に話を聞かれない環境で相談することが多いので、直ぐ横で他の人が相談している保険ショップとは違い、相談者と濃い話が出来ることが生きているのだと思います。

もしかしたら、この記事は意味がわからない話かもしれませんが、保険金とか給付金を生活費と仕事の穴埋めに使う提案は、当時の私には大きな穴を指摘された感じで正直驚きました。
保険の提案は、家庭や個人の状況をしっかり理解できなければ、納得出来るプランにならないのだと実感しました。

最後にFPの無料相談を紹介しておきます

数多くの、FPを派遣してくれる保険の無料相談がありますが、お勧めしているのは「保険コネクト」です。
あなたの自宅や勤務先などに派遣してくれるので、相談者のすぐ横に別の相談者がいるような保険ショップと違い、秘密が漏れることはありません。

保険の相談は複数回になることが当たり前なので、保険の相談は何度でも無料です。
満足度は90%で、強引な勧誘などはありません。